鍼灸+ソフト調整コース

ひまわりの鍼灸師は女性(院長)です!

ひまわりの鍼灸は男性にも人気ですが、やはり女性に人気があります!

女性同士だと、セクハラの心配もなく安心できるのも魅力の一つです。

鍼灸の施術はどうしても【肌を露出します】 施術で必要とはいえ、できれは恥ずかしい思いをしたくない。と感じる方もいるかもしれません。

そんなストレスが一切ありません!!まずはご相談ください。施術については下記にご説明させていただきます。

ひまわりでは、「マッサージ」「整体(骨盤調整)」「鍼灸」3つの柱で、お客様に合わせてご提案させて頂いております。

もちろん【マッサージのみ】【鍼灸のみ】という方もおられますが、これらを組み合わせることでより高い施術効果を発揮できます。

ちなみに特に人気が高いのは

①マッサージ+整体  ②マッサージ+鍼灸

このページでは、【3.鍼灸】についてご案内いたします。

1.マッサージ、2.整体については、以下それぞれのページをご覧ください。

3.鍼灸

鍼灸を受ける方の多い症状

・【足の冷え】・【寝違え】
・【ぎっくり腰】・【四十肩・五十肩】
・【手のしびれ】・【腰から臀部、足にかけてのしびれ】

*慢性的な肩コリ・腰痛にも、もちろん対応しております。
その他の症状も、鍼灸で対応できるのか?まずはご相談ください。

鍼灸について

ひまわりの鍼灸の施術は、『経絡を施術する鍼灸』を行っております。

経絡・・・つまりツボにを行います。

痛みの根本! 筋肉の深い所に直接アプローチ

鍼治療は筋肉の中でも、マッサージでは届かない【深い筋肉】にも直接鍼が届きアプローチする事ができます。

マッサージで表面の筋肉をほぐし、残った深い筋肉のコリを、鍼で施術するという方も多くいらっしゃいます!

鍼灸の施術の際、鍼を刺した時に 『ズーン』や『ビーン』とくる独特な響きというものがあります。 (各院や先生方の言い方にもよりますが、ひまわりでは、響きと言っております)

その響きが『痛い』と感じてしまう方もおられます。
『どうしても響きが嫌』という方は、必ずお申し付けください。

※注意※
怖く感じていたり、嫌なものを強制して鍼を打つと、体は緊張して力が入ってしまうので、よけいに痛く感じてしまいます。

無理な我慢はせずに、お気軽にご相談ください。

しかし、ひまわりの鍼灸は『コリの緩和』・『痛みの緩和』を目的としています。しっかりとコリ・痛みを緩和させるために、少しの我慢はしていただいた方が良いと思います。

なぜ我慢が必要なのか??

ツボを施術したり、ツボに当たったりすると『ズーン』と響いて、痛く感じてしまう事があります。

では、なぜ痛みをかんじるのでしょうか?それは【陰のツボ】を施術したからなのです。

陰のツボって何??

実はツボには【陰(いん)】【陽(よう)】の二種類がある事をご存知ですか?

【陽(よう)】のツボを施術したりすると響きも『心地よく感じる』事が多いです。リラクゼーションの効果も期待できます。

それに対して【陰(いん)】のツボを施術すると響きが『痛く感じてしまう』事が多いです。

よくTVなどの足の裏をマッサージした時に『ここが痛いと、内蔵の◯◯が悪い』などといった感じと同じです。ご自身が感じている症状とは、全く関係ないようなところに【陰(いん)】のツボがある事が多いですね。

通常、身体が凝ったり、痛くなったりした場合、この経絡の【陰と陽】のバランスが崩れています。逆にどちらかに偏ってしまっても、陰と陽のバランスが崩れてコリが出たり痛みが出たりもします。

その為、陰と陽のバランス整えるためにも『陰と陽』の両方を施術しないといけません。

『心地よい』【陽のみ】の施術だとバランスが整わず『施術を受けた時だけ楽』という事がおきてしまいます。

いわゆる対処療法でその場しのぎになってしまい、通っていてもお身体が楽にならず、お金と時間の浪費になってしまいます。

しかし、良くなるため・・・とはいえ、「痛くて我慢できない・・・」という時は、すぐにお申し付けください。直ちに鍼を抜いてそのツボの施術は中止いたしますのでご安心ください。

陰と陽のバランスを整える事で、コリや痛みのみならず【冷え】や【不眠】などの症状も楽になる事があります。

陰と陽の両方を施術する事にご理解とご協力をお願いいたします。

陰のツボの刺激以外で刺した瞬間に痛く感じてしまう事があります。

それは【鍼が毛穴に刺さった時】です。毛穴に刺さってしまうのは【本当に偶然】です。毛穴に刺すつもりで刺しても刺さりません。

よくある質問のコーナーでもお伝えしましたが、刺した瞬間に、【我慢できない痛み】や【嫌なだと感じる痛み】を感じたら、すぐにお申し付けください。すぐに鍼を抜きます。

まずはご相談ください。

あなたの不安を少しでも和らげるために、ひまわりでは鍼灸施術の際は院長(女性)が施術します。

今までに、「鍼は初めて」という方も沢山みてきました。

ひまわりで初体験していただき、また身体が辛くなった時には、再度ひまわりで鍼の施術を受ける。というように通われている方が多々おります。

鍼に興味があるけど、ちょっと怖い・・・とうい方は、ぜひ、ひまわりにご相談ください!